読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

届け!SNS!

酒と音楽が好きなゲイのブログ

人間仮免中

・最近読んだもの
窪美澄の『よるのふくらみ』を読んだ。『ふがいない僕は空を見た』で有名な著者。読んでいて心がきつくなるシーンが何回かあった。人と関わり合うこと、人を愛することというのを女性目線で淡々と伝えてくる。けれど、展開の流れが穏やかなので安心して読み進めることができたし、片手間でも十分内容が頭に入ってきた。
窪美澄は食事のシーンが多いので、今後もどこかでドラマ化や映画化してほしい。個人的に、食事を描くのがうまいと思う。文章に喉越しを感じる。

喉越しといえば、山階基の『湯舟泥舟』を読了。こちらは短歌。読むのに少し時間がかかった。というか読み終わるのが勿体無かった。言葉が目から入ってきて、脳内に風景を連想させるのが実に巧みだった。温度や色を言葉で伝えてくるけど、暴力ではなくそよ風のように優しくて暖かい。誰かに手を握られているようで、握られていない気分だった。
読み終わった後、しばらく動くことができなかった。おれは、記憶の中の夏の風景に閉じ込められた。

卯月妙子の『人間仮免中』柏のブックオフで100円で売っていたので購入。
今更ながら読んだけど、内容が中盤からかなりきつくてしんどかった。
心に病気がある人と向き合っていくことはすごく難しい。ボビーの卯月さんに対する絶対的な愛や安心感がじわじわと伝わってくる。何度もいろんな壁を乗り越えて、ボロボロになっても生きていれば幸せじゃん!っていう姿勢がとてつもなく尊く、美しかった。
人間仮免中 つづき』はメルカリで購入したので、そろそろ届く頃。