届け!SNS!

酒と音楽が好きなゲイのブログ

甘い手首

今、唐突にブログを更新しようと思い、いつもは急行小田原行きに乗って学校の最寄りまで爆睡しているのですが、快速急行藤沢行き(乗り換えが必要)に飛び乗りました。それにしても、どうして新宿駅は毎朝毎朝こんなに沢山の人がいるのだろうか。新宿のすごいところは人が減らないところで、人が減ったらその分どこかから補充されているのだろうかと思うくらいだ。はてさて、今日は何を書こうとしたかというと、お酒を飲む話と恋愛の話をします。(ゲイマッサージ店の面接を受けた話、だいぶ前から書くって言っていてまだ書いてない。次の記事で必ず書きます)

先週1週間は学会ということで、先生、先輩が誰もいなかったので同期と木曜に飲み会をしました。同期は9人いて、9人が全員集まって飲み会をやるというのが今までなかったので開催しました。開催したのはいいけど、おれは同期が大嫌い。9人中2人くらいしかまともな奴がいない。それ以外はどうでもいいというか、興味がない。人として。結局その日もくだらない話をして、おれはなぜか号泣していて、次の日の朝。問題はここからで、二次会やらなんやらで飲み明かした連中がほとんど研究室に来なかった。おれはちゃんとしていない人が嫌いなので、どれだけ飲んでもしっかり次の日の朝には研究室に向かいます。だからといって自分のスタンスを押し付けるつもりはないけど、さすがに酒飲んだからって次の日休んだりするのはどうなんだってこと。そういうクズみたいなやつ。たくさん見てきたから余計にイライラしました。酒を飲んでも次の日はちゃんと学校なり会社に行きましょうねって、当たり前のことだと思ってたんだけど学生間ではそうでもないみたいでした。みんな鳥貴族でジーマ飲んで女の子の話してるだけならまだ大人しくて可愛いんだけどなーと思います。

実は次の日も飲み会。千葉に住んでるホモ3人で集まる。話は恋愛の話と将来に対する不安の話が8割。残りの2割は性についてと個人的な悩みや愚痴でした。最近、おれに彼氏ができたのでその話、大抵写真を見せるとみんなどこかで繋がっていて”知ってる”みたいな感じになるからホモの世界は狭いなーって思う。意外な感じだねと言われたり、お前は惚れやすいからすぐ付き合ってすぐ別れるとか罵倒されたりしたけど、それはちょっと前の話で(というのも彼らと会うのはおれが1番ひどい恋愛をして、ひどいセックスをしていた時以来)そのあと本当に恋愛についてちゃんと考えて、今の彼氏と付き合っているので自分の考えを彼らにちゃんと伝えたところ、真剣に聞いてくれておれの話をしっかり聞いてくれました。最後に『今まで付き合ってきた中で1番まともな人だね。』って言われたのは少し微妙な気持ちにはなったけど、それは間違いないなと思ったし、今までがひどい恋愛だったんだなと思った。あとは同性愛者特有の将来に対する不安の話をして飲み代3300円。終電を逃した人とタクシー乗り場でバイバイしておれはチャリで帰宅。空がダークブルーの色と言うのは綺麗すぎるかなって感じだけど冬の空は好きです。相変わらず鳥貴族のハイボールはウィスキーが入っているのか入っていないかの瀬戸際な感じの味がしました。

20日の日曜日。研究室で忙しいのはおれも彼氏も一緒なので早めのクリスマス。なんのけなしに池袋に行ったけどどこも混んでて飯が食えず。ワタミで昼定食を食べた。調理されているのか温めただけなのか微妙なご飯を食べながらもまともなデートをするのは初めてだったので、目の前に相手が座ってご飯食べてる光景を見てるだけでドキドキして、飯の味なんてどうでもよくなってきた。そのあと、ネカフェでダラダラ過ごして、よつばとの新巻を読みました。よつばとの新巻、2年半ぶり?とからしい。あずまきよひこロリコンなのだろうかと考えながらも子供の心情と季節の温度を紙一枚介して伝えてくるスキルはすごいなと思う。よつばとは夏漫画なのですが、話が進むにつれて季節が秋に変わっていっていて、秋になってから失速したと言われていたけど新巻は普通に楽しむことができました。そのあとは突然東京タワーに行くことに。池袋→神谷町。ビル群を抜けたところにオレンジ色の巨大な建物が。なぜか東京タワーがある周辺だけ音がない、というか静寂で不思議な感じがした。みんな黙って顔を上に向けていた。さすがにクリスマスってこともあって、カップルがたくさんいた。当たり前だけどゲイカップルはまだまだ斜陽だなって思った。それでも愛を語るのは異性も同性も同じだと思う。他の人がそうするように、おれたちも首を上に向けてオレンジ色の東京タワーを見ていた。

f:id:kazu16ma:20151221090145j:image

東京タワー周辺で夜ご飯を食べようと検索すると狂った予算ばかり提示されるのでしばらく歩いてみて、今後の話をしたりした。夜ご飯は慶応義塾大学の前を少し通り過ぎたところで中華。中国人が店主を勤めているところ。ホールの女性の接客が最悪すぎて笑った。全品300円ってことだったんだけど、どれもこれもそれ以上の味でした。満腹になって少し歩いて同じ電車に乗って帰宅。近所に恋人が住んでいるの、すごくいいなって思った。この人と上野動物園でキリン見たり、お弁当作って車でどっか行ったり、いろんなことしたいなって思いました。