届け!SNS!

酒と音楽が好きなゲイのブログ

女王に水を

the cabsというバンドを聞いた。なんとも言えない気持ちになるバンドだった。悲しさと尊さと儚さが同居していた。ここ最近、雨がずっと続いていて何を聞いていいかわからなかった。毎日毎日水の中で生活しているような感覚で息苦しい。the cabsはそんな日常にとても合っていて、どぷんと心に落ち着いた。

9/3から何日間か研究室の合宿に行く。長野は盆地と言うから何も期待していなかったし、実際何もなかった。周囲を山々が囲んでいて塀の中にいるような感覚だった。いいところをあげるとすれば、空が広くて空気が澄んでいて過ごしやすい気温であるということ。それ以外は東京とは変わらない気がした。