読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

届け!SNS!

酒と音楽が好きなゲイのブログ

paradiseというバンドとおれ 1

paradiseというバンドがいる。おれがこのバンドを初めて見たのは高校二年生の時。下北沢。地下のステージでそのバンドを見るために電車に乗ってチケットを買った。paradiseの出番が待ち遠しくて、それ以外のバンドはどうでもよかったし、聞いていても退屈だった。ワクワクしすぎたおれはワクワクのピークを過ぎ、少し眠くなってきてライブハウスの隅で壁に寄っかかっていた。そうして騒がしいバンドの出番が終わって、今まで会場内に流れていたロックの音楽とは一変したピアノのSEが流れ始めた。ライブハウスの空気が変わった感じがした。静かに転換準備を始めるparadiseメンバーの落ち着いた雰囲気。それまで熱気を帯びていたライブハウスの温度が徐々に下がっていくのがわかる。白い照明。薄暗くタバコ臭い空間。そしていよいよparadiseの出番がやってきた。ピアノのSEを切り裂くように、空間の隙間を、まるで障子を破るかのようにして彼らは現れ、轟音とともに観客全ての脳みそを覚醒させた。これがおれとparadiseの出会いである。






続きます。