届け!SNS!

酒と音楽が好きなゲイのブログ

生きる

しばらく、どうしてこんなに悲しいのかを考えていた。夏が始まる前くらいにやってきた”そいつ”はゆっくり時間をかけておれを悲しみの海へと運んでいった。悲しみの海は、あざかやなスカイブルーの色を模していた。プールの底。ずっと戻ることができない外の…

終端の王と異世界の騎士

Sound Horizon 「終端の王と異世界の騎士」 - YouTube きっとみんな大なり小なり悩んで暮らしている。今ある幸せが。なくならないように、毎日努力をしようと必死だ。 じゃあ、お前はどう? そういう声が聞こえてきそうで怖い。とにかく、毎日感情の垂れ流し…

冷たいギフト

自分で悲しみをコントロールすること。それをなんだかんだと続けていたら、自分でコントロールできなくなってしまった。悲しい悲しい悲しいばかり。ずっと水の中で暮らしている。静かにゆっくりとプールの底で、天井を眺めるように、残暑を眺めていたら、す…

美しい火

誰にも愛されないとわかっている。誰にも理解されないとわかっている。だから、どんどん自分を傷つけても平気だった。 ずっと水中で暮らしているような気がする。水面まで泳いで浮上しようという気になれない。ただ、なんとなく水の中で自分の顔を見つめてい…

this is love

台所の換気扇がうるさくなってきた。なんか、埃とかがたまってるんだと思う。灰皿を洗っている時ほど無駄な時間はないなと思う。2缶目の缶チューハイは少しだけ残してしまう。前よりも酒の量が減った。朝が来るたびに涙を流してしまう。めざましテレビの”朝”…

reborn

reborn - Syrup 16g - YouTube 大好きも大嫌いもどうでもよくなってきた。かといって、中途半端な言葉はどれも信用できない。白か黒か。yesかnoか。必ずどちらかを選びたい。会いたい人、会いたくない人。今自分に何が足りていて、何が足りないのか。そうい…

葬列

椎名林檎 - 葬列 - Chinese Subtitled - 中文字幕 - YouTube 今回、何がトリガーとなったのかはわからないが38度の熱を出し、下痢が止まらなくなった。ストレスなのかなんなのか。潔く会社を早退した。歴代の恋人は、おれが体調不良の時にどのような対応をし…

エンジェルベイビー

銀杏BOYZ - エンジェルベイビー(MV) - YouTube この世に神様がいて、お祈りするだけで救ってもらえるなら、毎日何時間でも祈るよ。だけど、それだけじゃ救われないからみんな他のものに頼るんでしょ。酒とかタバコとかセックスとか。でも、それでも別によく…

八月のメフィストと

GEZAN 『八月のメフィストと』PV Full size - YouTube 入社して1年、配属されて1年1ヶ月が経った。そして、7月と8月には同期が辞める。3年働かないとわからないことの方が多いと色んな人が言っているけれど、それは前時代的なんじゃないかなと思ったりするし…

wasted youth

夏になると下山を聴きたくなる。それはきっと去年の夏、1人で大阪に来て、誰に何を頼っていいのかわからなくて、音楽しか頼るものがなかった時、1番聞いていたバンドだからだと思う。 GEZAN / wasted youth - YouTube 音楽はいつどんな時も1番どうしていいか…

スシボーイ的、夏に聴きたい10曲

スシボーイのiPod 3683曲の中から選んだ10曲。 1曲目 サカナクション『夜の踊り子』 サカナクション / 夜の踊り子 - YouTube pvが全員和装なのがいいよね。全員百姓みたいな格好してる。 初見だとどこがサビかわからないから2回くらい聞いて欲しい。何が夏っ…

おとなの掟

6月の最初の週の休みに淡路島に遊びに行ってきた。鳴門のうずしおを見たかったけど、タイミングなのか綺麗なものは見ることができなかった。岸壁の淵で食べた生しらす丼は甘くて美味しかったし、玉ねぎバーガーもそこそこに美味しかった。朝早くから家を出て…

おいでよ

5/19大学の研究室の同期が就活をしに大阪に来ていたので、梅田で炉端焼きを食べた。友達の話、研究の話、先生の話。何もかもが懐かしくて愛おしい。思い出はいつだって煌めいている。千葉から神奈川の果てまで自分が4年間通っていたことを今でもたまに思い出…

人間仮免中

・最近読んだもの窪美澄の『よるのふくらみ』を読んだ。『ふがいない僕は空を見た』で有名な著者。読んでいて心がきつくなるシーンが何回かあった。人と関わり合うこと、人を愛することというのを女性目線で淡々と伝えてくる。けれど、展開の流れが穏やかな…

始発

どうして世の中の男はつまんない男が多いのか。仕事に情熱を持ってない奴が多いのか。最近そういったことばかり考えている。若いからまだ大丈夫だよ、いろんな人と会っていろんなことしたらいいよって、てめえおれより先に生まれて生きてるからって何おれの…

フェアリーテイル

4/23前日の晩に思い立って、友達と2人で嵐山に行くことに。 春の嵐山は観光客が多くて、まっすぐ歩けなかった。人力車を押す、お兄さん達を品定めしながら竹林を歩き、祇王寺で苔を見た。どんなものでも金にしてしまう京都という街を感じた。いつものように…

二時間だけのバカンス

気がついた時には社会人になって2回目の春がやって来ていた。この季節は何を着ていいのか本当にわからない。寒くてあったかくて雨がたくさん降る。気まぐれでわがままで不器用で一生懸命だ。一つ下の年の後輩が入ってくる。白いワイシャツと青いネクタイと型…

Mary Lou

3/24接待だった。得意先1人とおれと年配の上司の3人で飲んだ。オーソドックスな居酒屋だったけど、それなりに食べ物が高価そうだった。春野菜の天ぷらは少し苦かったけど、日本酒にはよく合った。おれの上司は2月に奥さんを亡くしている。なぜ、その話になっ…

世界が終わる夜に

元彼がまだ無職だったことに驚いた。2月中にはさすがに何かしらの仕事には就いているだろうと思っていたが、予想以上にダメな人だった。どこから金が出ているのかは不明であるが、SNSを見る限り遊んでばかりいるようなので、彼の将来が単純に心配です。 会社…

恋愛模様

飲み終わって、終電を逃して歩いて帰って日、公園に小さい赤い花が咲いていて、春の匂いがした。夜はまだ寒くて、冬だった。冬の中に、春がいた。 3月に入ってから、決算月ということもあり社内に提出する書類が増えて来た。提出すべき書類を遅れて提出した…

嵐の女神

3月の最初の週 仕事で広島に行って来た。高級寿司店で接待して、気を使いすぎて疲れた。寿司は全然味がしなかった。お客さんにお酒を注いだりするのは本当に気を使うし、向いてないと思った。初めて見た原爆ドームはパワーがありすぎて、目に入った瞬間に涙…

止まれない街、ここ東京

気がついたら2月は二回も有給を使ってしまっていた。残り4.5日の有給は大切に残しておこうと思う。何かあった時の為に。 恋人と別れてから元彼のことをよく考える。あの時こうしていれば、という選ばれなかった選択肢のことを考えては想像して笑ってる。 『…

バスロマンス

‪2/6から体調が優れなかった。‬‪有給使って遊んだからバチが当たったんじゃないかとか思いながら会社に行った。‬‪あまりにも喉が痛くて、残念ながら風邪ということを認めざるを得なかった。‬‪食欲が全くなかったし、風邪の時に何を食べたらいいのかもわから…

alcohol river

なんでそんなに毎日お酒飲んでるの?という質問に対して、なんでなんだろうって思ってた。 しばらく前までは酒を飲むのが好きだったっていうのが理由だったけど、最近は、これは違うなって思ってた。 わかったことは、酒を飲むと思考が停止するから飲むとい…

2/3相模原を車でぶっ放した日。車を運転しながら音楽をたくさん聴いた。宇多田ヒカル、aiko、東京事変、tofubeats、スカート、そして可愛い女の子たちの音楽。体からすーっと毒が抜けていく感じがして心地よかった。相模湖は最高のチルスポットであり、色々…

もっとちょうだい

水曜日から関東にいた。水木と新宿で研修があり、水曜の夜は立川に住んでる友達と飲み、ゲームをして、気がついたら寝ていた。たくさん笑ってしゃべった時間があまりにも一瞬すぎて、少し寂しい。玄関でバイバイしたあと、1人で音楽も聞かずに再び新宿へ。 …

わかり合うということ

愛し合うこと=わかり合うこと。だとばかり思っていたけど、どうやらそうでもないらしい。人の愛し方ってどこに行けば学ぶことができるのだろう。相手のことをわかろうとするにはどのような努力が必要なのかとか、そういうことって学校で教えてもらえない気…

flower

年末年始の休みは千葉で過ごした。 12/28年内最後の出勤日を終える。大掃除の後で、会議室に集まり寿司とピザを食べながら、ビールを飲んだ。帰りに彼氏にマフラーを買って帰った。 12/29〜31地元である千葉県は東の方で、バンドメンバー、元バイト先の人た…

紅の丘で

12/17ネットで調べたら大阪でハッピーアワーがやっているということで、急遽ハッピーアワーを見に行く。ハッピーアワー、一言では語れない映画だった。語り始めるとキリがない。人と関わること、人を好きでい続けること、言葉でやり取りをする重要性。コミュ…

鉄の世界

12/8支店の忘年会。1人二万円の高級中華を食べる。フカヒレ、ウニ、アワビ、ズワイガニなどがテーブルに並ぶ。どれもこれも味が薄くて酒のつまみにはならなかった。瓶ビールをずっと飲んで、二次会に連れて行かれないように逃げるように帰った。帰りに一緒に…