届け!SNS!

酒と音楽が好きなゲイのブログ

Mary Lou

3/24
接待だった。
得意先1人とおれと年配の上司の3人で飲んだ。
オーソドックスな居酒屋だったけど、それなりに食べ物が高価そうだった。春野菜の天ぷらは少し苦かったけど、日本酒にはよく合った。
おれの上司は2月に奥さんを亡くしている。なぜ、その話になったのかはわからないがその話になり、上司が言った『妻を亡くしてから、1人で夜のスーパーに行くようになった。サラリーマンのおっさんがみんな半額になった惣菜や弁当に食いついて、カゴに詰め、レジに並んでいた。今までこういう世界があることを知らなかったから、同じようにレジに並んだ時、ああ、自分も1人になってしまったんだ、この人たちと同じなんだと感じた。そうしたら、もうスーパーには行けなくなってしまった』と、ボソボソとしゃべった。
社内では毅然としている人が、ここまで弱っていることを知り、愛している人を失うということの重みを感じた。

帰りに2人だけでバーに行き、話をした時も『おれは本当は太陽やひまわりのような人と出会いたいし、青空が似合う人と付き合いたい。だけど、いつもどこか弱く、欠点がある人を好きになる。それは自分が優越感に浸りたいとかでは決してなくて。同情しているとかでもなくて。単純にそういう人が好きなんだと思う』と言っていた。
どんな人も誰かを好きになるってことはどうしようもないこと。それは同じこと。それは何歳になっても。たぶん同じこと。

3/25
恋に落ちたと思ったが、どうやらなにも始まらないで終わりを迎えたみたいだった。既読がついたままのLINEの画面を見ながらぼーっとしていた。
この日、おれは別の男と会った。おれの悪いところはすぐに悲しい話をしてしまうこと。自分の欠点を話してしまうこと。嫌われたいわけでは決してないけれど、自分が誰かに受け入れてもらえるかどうかを試すようなことをする。本気で好きになった後で、おれのことを知った後で、取り返しのつかないことになるのが単純にめんどうくさい。惰性で生きているんだと思うし、恋人同士という関係にあぐらをかいてしまいがちだ。
彼が『誰だって悲しい時はあるし、暗い漫画くらい読むでしょ』という発言や『みんなダメなところはあるし、その方が人間っぽい』というような発言は少なからずおれを助けてくれたし、励みになったし、元気が出た。相変わらずわかりやすくてバカで不器用なおれが恋に落ちそうな瞬間が目の前で起きる。好きかどうかはわからなくて、だけど相手のことを知りたくて、自分のことを知ってもらいたくて。必死になる。たぶん、今から本気になる。自分のことを好きになってくれない、好きになるヨユウがない人を追いかけるより、自分のことを好きになってくれる人と向き合った方がシアワセになれるのかもしれない。あなたのこことこことここが好きですって言ってくれる人。出会いは20点でも、そこから100点に近づけるよう向き合っていけたらいいなと思える人。

 

f:id:kazu16ma:20170329073750j:image

世界が終わる夜に

元彼がまだ無職だったことに驚いた。
2月中にはさすがに何かしらの仕事には就いているだろうと思っていたが、予想以上にダメな人だった。
どこから金が出ているのかは不明であるが、SNSを見る限り遊んでばかりいるようなので、彼の将来が単純に心配です。

会社では清純派を装いながらも”オネエ”や”大久保佳代子”というあだ名をつけられ、ビシバシ怒られながら机に座ってる。
時折、同期とウォーターサーバーの前でおしゃべりをするのが唯一の救い。
タバコは吸わないキャラで通しているので、昼休みにわざわざ外に出ては誰もこないキツエンジョでひっそり煙をしばいた。
毎日同じ場所に通い、好きなところへ行けなくても、三連休はやってきた。
普通のリーマンでよかったと思える数少ないメリット。
金曜の夜にスパークリングワインを飲みながら、ラタトゥイユを食べた。
土曜の夜はハイボールを飲みながら肉を焼いた。
日曜の夜に話題のララランドを見たあと、喫茶店で洋食プレートを食った。メンチカツは油を吸いすぎていて、食うのがキツかった。
月曜は会社の同期が来たので、腕をふるって唐揚げとポテトサラダを作った。美味しいね、楽しいねと言いながらご飯を食べ、ワインを啜った。酔っ払いながら、おれの家の小さなベランダで男2人が肩を並べてタバコを吸った。
春の日差しに包まれながら、会社の愚痴を言いながらだべった。この時の感覚は高校生の時の昼休みの過ごし方にちょっとだけ似ていた。おれたちは23歳になっていた。
1人でワインを開けたあと、一緒にギターを弾いたりした。共通の趣味がないから、お互いの好きなことをして過ごした。
夜になって、2人で小さいベッドに横になった。合宿みたいで楽しくね?って笑いあった。一緒にいて、心から笑える人が本当の友達だと思った。

火曜日は雨が降っていた。一日中二日酔いで、仕事という仕事ができなかった。人事課長から電話がかかって来て、なんかよくわからないことをたくさん言われた。200km以上離れた遠い東の国から声が届くというのは不思議なことだと感じた。
三連休でお金を使いすぎたため、夜はおとなしく家に帰って、鮭を焼いて食べた。風呂に浸かったあと、ベランダでタバコを吸っていたら、星がとても綺麗だった。昼間降った雨で、汚いものが全部流れてしまったんだと思った。

翌日、マンションの住人同士が騒音で揉めたらしく、”生活音に注意”、”他人を泊めることは原則禁止”などが書かれた張り紙が、マンションに何枚か貼られていた。体育学部の寮かよ。
玄関を開けると、扉の間に注意喚起の手紙が挟まれていた。
おれが寝ている間に誰かがここまできて、手紙を挟んだのだと思うと急に怖くなった。どちらにせよ、しばらくは誰も家に泊められそうもなかった。

気がつかない間に恋が終わりそうな気がした。『うまくはいかないと思うけど、応援してる』って言われた言葉をずっと考えている。そうやって、他人がみんな受け流すべき言葉をいつまでも大事にして考えるから、めんどくさい奴だと揶揄される。おれがモテないのは、ブスだからでも服装がダサいからでもなく、めんどくさいから。それに尽きる。
何も始まっていないまま終わらせるのは腹が立つけど、なんかもう疲れた。おれには好きなものが多すぎる。好きなものだけで周りを埋めて、お腹いっぱいにしたい。そんなところに好きな人なんかが入ってきたら、何かのバランスが崩れて壊れると思う。好きだけならいいけど、好きだけでは絶対に続かないのを知っているし、好きでい続けるには努力が必要なのも知っている。一緒にいる時間が長ければ長いほど、情が湧く。情が湧いたら、一緒にいるのが当たり前になるかもしれないけど、情が湧くのと好きなのは別だ。長く付き合った末に別れられないカップルは情にしがみついているだけだと思う。お互いがちゃんとわかり合うことをしないと、心に触れる努力をしないと。サボったらダメだと思う。

悲しみから解放されたとばかり思っていたけど、どうやらそんなことはなかった。1人で過ごす夜はいつまで経っても慣れることなんてなかった。

髪をうんと伸ばしたい。
目の前が見えなくなるくらいに。
そうしたら、悲しいものを見なくて済むから。春が来ても、心には冷たい風が吹いていた。

 

f:id:kazu16ma:20170322222422j:image

恋愛模様

飲み終わって、終電を逃して歩いて帰って日、公園に小さい赤い花が咲いていて、春の匂いがした。
夜はまだ寒くて、冬だった。
冬の中に、春がいた。

3月に入ってから、決算月ということもあり社内に提出する書類が増えて来た。提出すべき書類を遅れて提出した。毎日ちゃんとやっている自覚は一切なく、むしろだらけて時間が過ぎるのを待っているから、諸々でボロが出たんだと思う。両手いっぱいに収まらない量の水を注がれ、溢れてしまっていた。課長からはこっぴどく叱られた。こんな会社辞めてやるって何度も思ったけど、直近ではそれが一番。

ちょっとだけあったかかった日。
採用中の学生と酒を飲んだ。
キラキラしていて、働くことに期待を抱いている目をしていた。自分もそうだったんだと思う。働いてみて思うのは、思った以上に働きたくない、やりたくないということだった。
じゃあ、何がやりたいの?って聞かれたら口を噤む。多分、本当にやりたいのは音楽だけ。今、この会社で働いているのは社会を経験してみたいと思ったからで。やりたいことをしようと思ったわけじゃない。やりたいとやらなきゃは違うなんて、みんなとっくの昔から知っているし、嫌な人はどこにでもいる。嫌な仕事はどこにでもある。そんなことばっかりを考えていたら、1週間で2万円くらい酒に使っていた。仕事もそこそこつらいけど、一番つらいのは人を好きになるということだった。おれはすぐに火が付いて、すぐに燃える。
好きってなったら、それ以外手につかない。この人と動物園行きたい、この人とお弁当もって公園行きたい、朝起きた時にそばにいてほしい、一緒に料理したりしたい、そんなことをずっと考えている。手に入った時の幸福を考えるのは自由だし、みんなその資格はある。だったら、楽しい方向に考えた方がいいに決まってる。例え叶わなかったとしても。そうして、おれが恋に没頭している間に、受けようと思っていたweb雑誌の編集のバイトの応募締め切りは過ぎてしまっていた。

 

f:id:kazu16ma:20170318144722j:imagef:id:kazu16ma:20170318144728j:imagef:id:kazu16ma:20170318144731j:image

嵐の女神

3月の最初の週

仕事で広島に行って来た。高級寿司店で接待して、気を使いすぎて疲れた。寿司は全然味がしなかった。お客さんにお酒を注いだりするのは本当に気を使うし、向いてないと思った。初めて見た原爆ドームはパワーがありすぎて、目に入った瞬間に涙が出て止まらなかった。

 

f:id:kazu16ma:20170314190059j:image

 

広島から帰って来て、すぐに名前も知らない男とセックスをした。
ここ最近、恋愛には何も期待していなかったし、どうせ誰としても同じだと思った。結果、愛のないセックスは自分を傷つけるだけだった。もう何回も愛のないセックスを経験してる。その度に傷つくし、自分に汚れがついた気分になる。無意味なセックスは何も生まないということを再確認したと同時に、2月に友達と成り行きでしたセックスには意味があったと気づいた。2月のセックスは、おれはあいつのことが好きだったんだと。他人とセックスをして、あー、やっぱり好きだったんだと思って、静かに涙を流した。
汚れたシーツを洗った後で、お腹が空いたので納豆ご飯と卵焼きを食べた。
お腹が膨れたら元気が出て来た。明日もまた仕事だ。

 

3/8
仕事が終わったのが19:00を回ったので、一緒にいた先輩と立ち飲み屋に。
日本酒を飲みながら会社の悪口を言って終わり。1500円。
帰りにぶどう味の飴を買って、舐めながら帰った。翌日出勤する時、マフラーからはぶどうの匂いがした。

 

3/10
しんどいって同期に言ったら『そんなのみんな一緒、当たり前のこと言わないで』と言われた。複合機の前で。
それだけで辛くなり、トイレの個室に閉じこもってしまった。あー、おれ今本当に弱ってるんだな、だいぶ大丈夫になったと思ったのにな、そんなことを思いながらトイレを出た。

夜は同期の女の子とタイ飯を食べる会。
カオマンガイ、生春巻き、鶏肉のカシューナッツ炒め、パッタイ。などを食べ、マンゴービールとシンハーを飲んだ。
会社の愚痴と恋の話をするだけで、4時間も使った。
食後にコーヒーを飲みながら、花見したいね〜という話をして帰路に着く。

コーヒーを飲んだら酔いが冷めたので、ゲイのお店に行く。
焼酎を飲みつつ、お店の人と話をしたり、後から入って来た人と話をしたりした。
そこで、恋に落ちるとは夢にも思わなかった。

 

f:id:kazu16ma:20170314190148j:image

止まれない街、ここ東京

気がついたら2月は二回も有給を使ってしまっていた。残り4.5日の有給は大切に残しておこうと思う。何かあった時の為に。

恋人と別れてから元彼のことをよく考える。
あの時こうしていれば、という選ばれなかった選択肢のことを考えては想像して笑ってる。

『いっしょに色んなところへ行こう。いっしょに色んなものを見よう。いっしょに色んなものを食べよう』

そう言われたのをおれは全部覚えてるよ。
一緒にアンインストールしたアプリだって、そうだ。おれがどうしても酒を飲める友達が欲しくて、悩んで考えて、またアプリをインストールしたいって言って、インストールした時、君の最終ログインは1週間前になっていたね。
一緒にアンインストールしたのはなんだったのかってすごく考えたし、単純に傷ついた。
極め付けはプロフィール欄に

『訳あって、メッセージの返信遅れます』

と書かれていたこと。
訳あってって、それどういう意味。おれと付き合ってることが訳あるって意味?って考えたし、その時から傷口に塩を塗られていた。本当のおれの中にある悲しみを見てくれていなかったことを理解した。

おれがわがままで、おれが歩くの早くて、おれがご飯食べるの早くて、しゃべるのが早いから、おれが全部悪いんだよねって思った方が気が楽かもしれない。おれは悪くないって思えば思うほど、本当に?って横から誰かが聞いてくる気がする。いつだって、なんだって、大切なものから消えていくのをおれは知っている。大切なものが消えないように必死になりすぎて、自分が正しいと思う節があるのもわかってる。わかってるけど上手にできない時だってあるでしょ。

17歳、18歳、21歳、23歳と、生きてきて、常に自分の信念や自分の考えを持って生活してきたつもりだ。色んな人と会って、色んな話を聞いて、その度に考え方が変わったり、なんだってしてきた。いつも今が最強だって思うようにしてた。だけど、今その自信が持てない。何が正しいのかがわからない。答えなんかないよ、とか、死なないから大丈夫、とかそういう曖昧な回答が欲しいんじゃなくて、これとこれが悪いから、こうなってる、っていう回答が欲しいんだと思う。飲酒もセックスも自傷行為のように感じる。食べ物を作るのも食べるのも厳しい。薬を飲む為に何かを口に運んでいる。今のおれの心に何を注いであげたらいいのかと毎日思いながら、漫画を読んだり、音楽を聞いたりして、あとは大して欲しくもないものをAmazonで購入したりしている。

 

チャットモンチー 『いたちごっこ』Short Ver. - YouTube

 

 

f:id:kazu16ma:20170225111735j:image

バスロマンス

‪2/6から体調が優れなかった。‬
‪有給使って遊んだからバチが当たったんじゃないかとか思いながら会社に行った。‬
‪あまりにも喉が痛くて、残念ながら風邪ということを認めざるを得なかった。‬
‪食欲が全くなかったし、風邪の時に何を食べたらいいのかもわからなかった。‬
‪野菜を食べたらいいんじゃないかと思って、お惣菜屋さんで肉じゃがを買って帰った。肉じゃがは美味しくなかった。お母さんの作った肉じゃがを思い出して、お母さんのことを思いながら静かに泣いた。‬
‪この時、自分は本当に弱っているんだなと。心身ともにとはこのことを言うんだなと実感した。‬

‪2/7‬
‪名古屋出張。‬
‪当日の朝、持病のめまいに襲われ歩けなくなる。なんとか、待ち合わせ場所に向かい、車で名古屋に向かう。‬
‪ひと仕事終えた後、課長とガストで‬一緒にご飯を食べた。あまりにも体調が悪くてなすとミートソースのパスタは二口しか食べられなかった。さすがにやばいと感じた課長がおれを強制的に家に帰した。
大阪に戻り、病院に行き、いつもの薬をもらった。
ついでに喉が痛いのも見てもらい、インフルの検査もして、1500円ほど。
薬を飲んで、ベッドに横たわるとぼーっと部屋を眺めていた。

使えない、何をやってもダメ、と言われている気がした。健康でいることが1番会社にとっては都合がいい。営業は体育会系の職種だから、体調不良で休む人はサボりだと思われる。
おれの持病が会社にバレ、いつ干されてクビになってもおかしくないなと朦朧としながら、感じていた。

2/13〜17
この2週間くらい、ずっと恋と仕事のことを考えていた。
人に期待したり、人を愛そうとしたり、人をわかろうとしても、裏切られたり、傷つくことのが多い。セックスは得るものよりも失うもののが多い。ここのところ寂しかったり、悲しかったりして、満たされなかった毎日がギターを弾いただけで救われた気がした。
音楽はいつまでも裏切らないし、絶対におれを傷つけない。
誰にも理解されないかも、とか、誰にも愛されないかも、とか、そんなことばかりを考えていた。どうせ他人だし、他人に期待して傷つくのは自分だ。1人でも生きていこうと思えば生きていけるけど、ふとした瞬間、頭の中で流れていた音楽が止まったような感覚になる。胸を締め付ける孤独に襲われる。ここにいていいんだよ、って誰かに言ってもらいたくて、寂しくて悲しくてひたすら涙を流していた。ギターを再び弾いた時の安心は、おれだけのものだ。誰がなんと言おうと、それはおれが生きていくための支えになると思うし、そう信じたい。誰もおれのことを思ってくれなくて、支えてくれなくても、それでも音楽があれば、まだ救われる気がした。

1番目に音楽を愛して、2番目に自分自身を愛して、あったかく抱きしめて、今日のところは眠ることとしよう。

 

Chatmonchy - バスロマンス - Bus Romance - Live - YouTube

 

f:id:kazu16ma:20170221230810j:image

 

alcohol river

なんでそんなに毎日お酒飲んでるの?という質問に対して、なんでなんだろうって思ってた。

しばらく前までは酒を飲むのが好きだったっていうのが理由だったけど、最近は、これは違うなって思ってた。

わかったことは、酒を飲むと思考が停止するから飲むということ。何も考えなくて済むし、ヘラヘラしていられるからということであった。
もう、これは結構やばいところに来てしまったなと、我ながら感じている。
酒を飲んで何も考えなくて、何もかも忘れて、それでいいやってなるのは正直言って、自傷行為に近いと思う。そんでもって、アナルセックスなんかした時には二重苦である。(なんか、学理的にアナルセックスは自傷行為なんだと)
自分を痛めつけることで生きていることを実感しているとは思わないけど、それにかなり近いところまで来ているのだと感じている。

弱っている時の酒は麻薬だ。
身を滅ぼす前に、水に変えよう。

 

f:id:kazu16ma:20170205213951j:image