届け!SNS!

酒と音楽が好きなゲイのブログ

生きる

しばらく、どうしてこんなに悲しいのかを考えていた。夏が始まる前くらいにやってきた”そいつ”はゆっくり時間をかけておれを悲しみの海へと運んでいった。悲しみの海は、あざかやなスカイブルーの色を模していた。プールの底。ずっと戻ることができない外の世界。見上げれば太陽の光がチラチラとこちらを覗いている。蝉の鳴き声、入道雲の形、アスファルトが焼ける匂いが懐かしくてたまらなかった。慈しみ合うことは何よりも不可解で、そして残酷だった。悲しみはきっとどこにでもあって、誰でも持っている。ただ、量が多いか少ないかの違い。悲しみと向き合えば向き合うほど、悲しみには勝てなくなっていく。人と向き合い、わかり合うことについて、首を突っ込めば突っ込むほどわからなくなるのと同じだ。
結論として、悲しみとは向き合うことができなかった。だから、悲しみを理解するのではなく、悲しみをコントロールできるようになれたらと思う。BLEACH虚化と同じだよって言えばわかりやすいかな。

9/17
約1年半ぶりくらいにライブをした。久しぶりのステージの上は、思い出す記憶の中よりもずっとキラキラしていて、眩しすぎた。震える指先がギターの弦をすくい取れるよう、何度も口から息を吐いて吹きかけた。
ライブは一瞬で、その時のことはほとんど覚えていない。ただ、おれの中にある悲しみが確実に外に逃げていった。浄化された体では、何もかもが軽く感じる。軽快なステップを刻み、ステージ上を滑るように踊り続けた。比して音楽は明るく、哀しく、透明で、優しかった。たった30分のステージで、メンバーと音楽の中で会話をする。もう平気だ。おれたちは音楽の奴隷になった。

平日の9:30にコンビニの前で吸うタバコや、知らない男とその日キスをしたこと、こんなリアルも意味ないね。

音楽は永遠にそこにいた。おれの帰りを確実に待っていた。好きな人に振り向いてもらえなくてもいいや、どうせみんな演技をしているんだ、そして当事者を回避している。何が愛で何が恋なのかもわからないままでいい。不器用でいい。

ライブが終わって数日が経ち、レトルトのエビのチリソースを温めながら、そう思った。いま、心斎橋のど真ん中で道に立ちながらこの文章を書いている。
おれはおれだ。

 

終端の王と異世界の騎士

Sound Horizon 「終端の王と異世界の騎士」 - YouTube

 

きっとみんな大なり小なり悩んで暮らしている。今ある幸せが。なくならないように、毎日努力をしようと必死だ。

じゃあ、お前はどう?

そういう声が聞こえてきそうで怖い。とにかく、毎日感情の垂れ流し。どこにいてもふわふわしている。本当の自分、偽物の記憶。ゴーストインザシェルをようやっと見て、そういうのを考えるようになった。もしかしたら、この現実は偽物なのかもしれないってこと。会社を休職になったのも、大好きな人に裏切られたのも、友達が死んだのも。全部偽物の記憶で嘘だったら良かったのにって、考えてしまう。きっと、心が弱いから。

どうせお前はメンタルが弱いから。

そうやって、悲しい言葉だけが頭の中を巡回する。いつだって悲しい。昆虫キッズの歌詞を反芻する。
友達や友情が恋愛に勝つとは思ってなかったけれど、今はそれが最強だって感じる。云えるとは言わない。ただただ、感じる。体調を崩して、1番嬉しかったことはみんながおれを否定しなかったこと。誰1人、おれを責めなかったこと。へえ、そうなんだ。それで?みたいな感じが自然で良かったし、おれはこの人たちと友達になれてよかったと心底思った。
課長がおれが休職に入る前に、”気づいてあげられなくてごめんな”と言ったことだって、なんだかここらへんに通じてる気がする。気がするだけなのかもしれないけど。
先輩も上司も誰1人、おれを責めなかった。きっと責められなかったんだと思う。人事に病気の話をしたときに、自然と涙が溢れて止まらなかった。きっと本当に体調が悪いんだと思った。なんかもう働くって嫌だな。こんなにしんどいことなんだな。

9/14、急に思い立って名古屋に行ってきた。栄はなんだか、どこか懐かしくて寂しかった。知らない街に来たときに感じるこれは、初めて大阪に来た時と似たようなそれだった。友達と友達の恋人と酒を飲んで、いくら払ったか覚えてない。店員のサービスがめちゃくちゃよかったのと、日本酒たくさん飲めたのが楽しかった。友達は生の魚が苦手だから、おれはあえて注文しなかったんだけど、彼の恋人が普通に注文したので、少し驚いた。でも、すぐに納得。きっと付き合うってこういう何気ないところが大事。いっぱい色んなものを食べたはずなのに、昼間喫茶店で食べた、オレンジとチョコのタルトが1番美味しかった。また食べたい。
名古屋からの帰り道、新幹線で宇多田ヒカルをシャッフルで聴いたら、1番初めに光が流れて、少しだけ涙が出た。

 

f:id:kazu16ma:20170915133011j:image

冷たいギフト

f:id:kazu16ma:20170912070244j:image

 

自分で悲しみをコントロールすること。それをなんだかんだと続けていたら、自分でコントロールできなくなってしまった。悲しい悲しい悲しいばかり。ずっと水の中で暮らしている。静かにゆっくりとプールの底で、天井を眺めるように、残暑を眺めていたら、すっかり秋になっていた。街は曇り空。今年の夏のテーマはどこに行っても”悲しい”一択だった。お腹がいっぱいになると罪悪感を感じる。お酒を飲むと気持ちが悪くなる。甘いものを食べたいと思えなくなった。音楽とタバコは嗜好品。それだけが残っていた。恋人と別れた。最後まで他人に興味がない人だった。しばらく何もしたくなくなった。そして、通院だけが残った。この人だけがこの街に色をつけてくれるわけじゃないから、まあなんでもいっか。きっと誰かに街に色をつけて欲しかったけど、気がついたら自分で街に色をつけていた。圧倒的勝利。おれはおれしかいなくて、この街とおれはマンツーマンでやりあってたわけで。おれも1人だし、この街も1つしかなかった。まともに文章を書けなくなってしまってきているので、あんまり何かを書きたくないけど、なんとなく書いてる。この会話の支離滅裂さや椅子にずっと座っていられないのも何かの病なのかもしれない。キラキラしているものを触りたいと思うのはまだ感情が生きているから。早く死にたい、よりも朝起きてコーヒーが飲みたい。誰かにビクビク怯える日を無くしたい。仕事をやめたら保険証やこの家はどうなっちゃうんだろうね。おれはどこにいけばいいんだろう。少しのお金と勇気だけでやってけるのか。そういえば、冬用のコートを買っちゃったから、冬には別の仕事で生計を立てていたい。灰色と水色を混ぜて出来上がった深緑色のこの街では、もう誰に会うことも望まない。もう誰かに愛されることも望まない。ただひたすらにバンドがやりたいです。それだけ。センキュー、センキュー。ハロー迷子のオーケストラ。これからどうする?

 

f:id:kazu16ma:20170912070215j:image

 

f:id:kazu16ma:20170912070232j:image

 

f:id:kazu16ma:20170912070318j:image 

 

美しい火

f:id:kazu16ma:20170830222812j:image

 

誰にも愛されないとわかっている。誰にも理解されないとわかっている。だから、どんどん自分を傷つけても平気だった。

ずっと水中で暮らしているような気がする。水面まで泳いで浮上しようという気になれない。ただ、なんとなく水の中で自分の顔を見つめている。すぐ横で誰かが何かを言った気がするけど、もう覚えてない。酒を飲んでも楽しいと思えなくなった。ご飯を食べることが好きだったはずなのに、何を食べてもそんなに感動しないし、そもそもそこまでお腹が空いていない。今日ボロボロの食堂で食べた、べちょべちょの天丼、なんかもう猫の餌みたいだったな。ただ、三食食べるということが習慣付いてるからなんとなく三食食べてるだけだ。

感情を殺して仕事をするという作業。
誰と話をしても楽しくなかったから、新しい友達になりうる人との約束をドタキャンしてしまう。最低。

どうでもいい全く知らない人とするセックスは自傷行為って感じで楽しかった。もう体の隅々までぐちゃぐちゃにして欲しかった。できれば痛くして欲しい。
セックスが終わったあと、すぐに動けなくて、相手は黙ってシャワーを浴びて帰っていった。おれは天井を見つめていた。しばらくして、ラーメンを食べに行った。安心したのか、今更になって足の震えが止まらなかった。ケツの中に残ったローションがどろりと流れ落ちる感覚がした。

灰色の空も、目の前のご飯も、上司の顔もどうでもよくなってきた。

今更何かを諦めようとするのはやめたほうがいいね。唯一楽しいと感情を残していた音楽も、もうすぐ楽しいと思えなくなってしまう気がする。なんでだろう。

すっかり夜は秋の気温。ザーメンくさい髪の毛も乾きづらくなってきたね。

 

f:id:kazu16ma:20170830222756j:image

 

 

 

 

this is love

台所の換気扇がうるさくなってきた。なんか、埃とかがたまってるんだと思う。灰皿を洗っている時ほど無駄な時間はないなと思う。2缶目の缶チューハイは少しだけ残してしまう。前よりも酒の量が減った。朝が来るたびに涙を流してしまう。めざましテレビの”朝”、”健康”みたいな概念の押し付けがこの上なくしんどい。霧の中を歩きたいと思う。眠りながら海に抱かれてどこかへ流れていってしまいたい。一生懸命働くこと、頑張ることが美しいものだとばかり思っていたけれど、どうやらそうでもないみたい。心の奥底でいつでも誰かを思っていたい。晴れた日には宇多田ヒカル、雨の日には椎名林檎。セックスと食欲は似ているようで似ていない。今日もどこかで誰かが付き合って1年記念日を祝っている。誕生日に出て来るケーキ。チョコレートで名前が書かれた硬いプレート。クリスマスの日はマライアキャリーを聴きながらスパゲティを食べようね。2人の間に生まれて来る子供には2人の名前を少しずつ分け合って命名しようよ。地元のイオンにある4台ばかりのプリクラ機で毎週写真を撮る。あの日の雨、あの日の雪。長靴がびしょ濡れになっても明日はお天気だから大丈夫。鳴り止まない社用携帯。パソコンと向き合いすぎて眉間にシワができた。いてもたってもいられない、大好きを求めてる。春になれば目に見えない不安と期待で嗚咽が止まらないね。好きな人と40年もずっと一緒に居られると思うのは子供ができたりするからなんだろうか。お父さん、お母さん、長生きしてほしいな。何かをして褒められるのが嬉しいと思ったことがなかった小学5年生時代。同じ空は存在しないと、誰かが本に書いていた。酒やタバコができなかった頃は、ミスドとスタバと数Ⅱの教科書だけが生きがいだったね。どうせ同じ液体なら、リスカで赤、オナニーで白。手、足、顔、何もかもがどうでもいいね。美しさも悲しみも若さも今しかないもんね。美人短命というよりは微塵短命。おねがいマイメロディ、どうせ助けてくれないね。兄貴って誰ですか?ニアは何も知らないから正しいよね。いつでもどこでも冬を愛してしまうのはあなたと出会った季節だからだよね。愛して欲しいし、愛したかったけど、それももう叶わないね。年賀状は写真付きかな。


早く冬になってほしい。
緑色のコートを買いに行こう。
そして、重たい荷物を背負って、ここではないどこかへ。


皇太子。


太陽銃をぶっ放せ。

 


ありがとう、さようなら。

reborn

reborn - Syrup 16g - YouTube 

 

大好きも大嫌いもどうでもよくなってきた。かといって、中途半端な言葉はどれも信用できない。白か黒か。yesかnoか。必ずどちらかを選びたい。
会いたい人、会いたくない人。今自分に何が足りていて、何が足りないのか。そういうことばかり考えていた3日間。仕事においては、いつの日からか無意識に会話をする時、常に別ルートで考え事をしながら会話をするようになっていた。言葉は相手を動かす為のツール、相手を納得させる為のツール。相手を喜ばせる為のツール。相手を追い詰める為のツール。言葉は仕事道具の一つで、会話は仕事の基本だった。言葉は頭の中で、とめどなく溢れて湖をつくる。おれにとって、全てはゲームと同じで暇つぶしだった。自分が成長する過程にしか過ぎない。今のゲームに飽きたら新しいカセットを買うだけ。

具合が悪くても街へ出た。街に出たのは家にいると毒に犯されそうだったから、でもそれは間違っていた。人が右往左往しているところでは、いろんな言葉が耳に入ってくる。それはビリビリに破かれた紙の一切れ、一切れ。かき集めて自分のアイデンティティに出来たら、それはもうおれの世界だ。聞こえてきた言葉は頭の中で槍の雨になる。足を止めて、文字を打たずにはいられなかった。ショッピングセンターの入り口の隅っこで、汗だくになりながら、ひたすら言葉をiPhoneに書き殴った。大声を出さずにはいられない。早く戦争を始めたい。

いつも100パーセントで生きているなんてことはできない。常に美しくいられるなんて思わないでほしい。おれだって、しゃべらない時だって元気がない時だってあるし、もしかしたらそれが”ホンモノ”なのかもしれない。友情はいつだって黄金色だった。数少ないおれの友達は、よくおれのことを”理解”してくれている。不思議でたまらない。

愛されるのも愛すのもどうでもいい。でも、人と向き合うことを放棄したら、それは生きていることを無視することと同義だ。優しくしてとか気づいて欲しいとかわがままは言わない。注文をつけて、教育することは簡単かもしれないね。だけど、それじゃあ意味がないと思ってるから。自分で気がついて行動しないと、人は何も学べない。気づいていないことを外から言われても、たぶん”理解”できないと思う。

夏の真ん中で、冬を思い出している。冷たいビールを飲みながら、冬を思い出していた。あの日、あの場所で、冷えた手で、冷たい約束をしている。
人生に疲れた時に、冷たいギフトを贈られたいな。

 

f:id:kazu16ma:20170730225017j:image

葬列

椎名林檎 - 葬列 - Chinese Subtitled - 中文字幕 - YouTube

 

今回、何がトリガーとなったのかはわからないが38度の熱を出し、下痢が止まらなくなった。ストレスなのかなんなのか。潔く会社を早退した。
歴代の恋人は、おれが体調不良の時にどのような対応をしたのか。全く思い出せない。多かれ少なかれ心配してくれたりしたんだと思う。気持ちの量に比例して。
おれの悪いところは普段は干渉されたくないくせに、弱ってる時だけ相手してほしいとせがむところ。仲のいい友達からは病院は?薬は?など心配されたLINEが届いた。

またおんなじことを繰り返している。
おれの中の悲しみが溢れて海になった。

海が出来た次の日は陸地を歩くことなんて到底できなかった。
心身ともに元気がないということは、何を見ても”つまんない”何を食べても”美味しくない”ということだ。唯一の救いは友達がいるということくらい。
よく、”沢山友達がいていいね”と言われることがある。でもそれは違う。おれは人と話をすることがちょっと得意なだけで、友達がたくさんいるわけじゃない。ただ、なんとなく面白いことを言うから人に好かれやすいということだけ。エンタメ性があるから、なんか面白そうだから、という理由で周りに人が寄ってくるだけだった。一緒にケーキを食べたり、無言で漫画を読んだり、ただなんのけなしにマックシェイクを飲める人が友達だと信じている。

本質なんて言わなきゃわからないのは知っているけど、ここまでくるとなんだか疲れる。9monの通知はオフにしたし、たまに見る程度。他人と言葉を交わす練習をしている。

何もかもがわがままなのかもしれないけれど、結局自分のことは自分でやっていくしかないし、自分を助けることができるのは自分だけだ。
おれがいわゆる”フツウ”だったら、”オンナノコ”と付き合って、結婚して、子供を作ることができたの”かも”しれない。河川敷でだべる中高生、マンションの内覧にきているカップル、浴衣姿で天丼を食べる大学生2人。最近そういったものがやたら目について仕方がない。酒を飲んでる時に、課長の悪気はない何気ない一言『お前もいつか、人混みの中をベビーカーで通る時の気持ちがわかる時がくるよ』というセリフを頭の中で何度も反芻してしまってしんどくなる。愛すことも愛されることも、人類史上最も難解だと思う。

マンションの下の駐輪場で、おれのチャリが倒されていた。明らかに意図的に。きっと戦争が始まるのはこういう些細な出来事がきっかけになるのだと感じた。

 

f:id:kazu16ma:20170723144050j:image