届け!SNS!

酒と音楽が好きなゲイのブログ

wasted youth

夏になると下山を聴きたくなる。それはきっと去年の夏、1人で大阪に来て、誰に何を頼っていいのかわからなくて、音楽しか頼るものがなかった時、1番聞いていたバンドだからだと思う。

 

GEZAN / wasted youth - YouTube


音楽はいつどんな時も1番どうしていいかわからない時の道標になってくれる。そう信じて8年弱が経った。
社会人という新しい環境と、大阪という新しい土地で何を信じていいのかわからないおれには音楽を愛することしかできなかったし、音楽しか信じられなかった。
わからないんだよ。どうしていいのかとかどうしたいのかとか。答えがどこにあるのか全くもってわからない。暑くてたまらない関西の夏の毎日に卒倒しそうで、逃げ出したくてたまらなかった。できることなら、今すぐにでも関東に戻りたかった。
そんな毎日をどうにか変えたくて、必死になった。少しでも何かに夢中になれればと思っていたし、愛せるものや信じられるものが増えればと思って、恋をしようとした。たくさん色んな人に会った、どれもこれも実ることはなかったけど、もがき苦しんだ記録が、この音楽の、この曲の中に染み付いていて、自分の記憶の中に記録されている。
1年経って再び同じ曲を同じ季節に聞いた時、それを思い出すことになるくらい濃い時間を過ごしたなんてことは去年の今頃の自分は想像もしないことだろう。

6月に入ってすぐに今年2回目の事故を起こした。
今回は擦ったとかのレベルじゃなくて、左車体がぐっしゃぐっしゃになった。こんだけ派手にやらかしてるのに、本人は無傷。会社に電話した時、課長は体の心配はしてくれなかった。この事故でいくらの損害が出るのかだけを簡潔に答えた。後になって、今回の事故が思ってたよりもトラウマになってることに気がついた。これが引き金になったのか何が引き金になったのかはわからないけど、週末にめまいを起こした。
恋人の部屋で目を覚ました時、視界が回っていた。ご飯を作ってあげる約束をしていたけれど、どうしても何もできなくて、家まで送ってもらった。付き合ってから日が経っていない間に持病の瞬間を観せてしまったのは明らかにおれの失態だった。かつて、体が弱いことがきっかけで恋愛が終わったことを思い出した。その日は家に帰ってからずっと寝ていた。翌朝、まだフラフラしたけど、ちゃんと出勤した。社会人2年目の夏が始まる。

ツイッターで、年下の知り合いの男の子が恋人との1周年記念で旅行に行っている情報を手にした時、ただ単純に自分も同じようなことをしたいと思ったし、真っ先に好きな人の顔が思い浮かんだのはいいけれど、果たしてそれが本当に叶うかどうかは自分次第だし、第一未来のことなんてわからないし、と卑屈になるのがおれらしい。どの恋愛もスタートと同時に結末を考えてしまう。映画が始まった瞬間に何時に終わりになるのかを考えてしまうのと一緒だと思う。楽しくてワクワクしてドキドキする時間に終わりが来る。終わりがきて、寂しくなる、そんなことばかりを想像してしまう。それは本当に暗くて怖い。野井戸のようなものに似ている。どこにあるのかわからない地雷を踏まないように歩くのに似ている。目に見えない終焉を考えるよりも、目に見える一瞬一瞬と向き合って、終焉を忘れていくしかない。終焉に怯える日々はやめた。

何週間か前の週末の夜、恋人の家から帰宅する時、バスの扉が閉まる瞬間のお互いの顔が見えた最後の一瞬が妙に寂しくて、何も言えなかった。バスの車内にあるデジタルの時計が9:25になった瞬間に扉が閉まって、強制的にさよならさせられたみたいだった。扉が閉まるのと同時におとなの掟が頭の中で流れた。

お昼ご飯がすき家だって、疲れてセックスしなくて寝ちゃったって、そんなことはどうでもいい。そんなことは最初から問題にしてない。

誰かのためにご飯を作ること。誰かとご飯を食べること。小さな幸福がいつまでも続かないのではないかと疑ってしまう。幸せになればなるほど、自分は本当は幸せになってはいけないのにと疑ってしまう。

幸せって本当に怖い。
どうしていいかわからない。
怖いけど、楽しくて、どうしようもない。
後ろを振り返るのはもうやめた。
1人で音楽を聴きながら泣いている夜よりも、好きな人を思いながら缶ビールを飲もう。
あの日、十三に舞い降りたおれはこの街には色がないと言っていた。
この街に色をつけてくれる誰かが現れるのを待つしかないと。
少しずつかも知れないけれど、この人は色を塗ってくれる人だよ。
大阪という街に色をつける。この街は何色にもなれる。あなたがいれば。

スシボーイ的、夏に聴きたい10曲

 

スシボーイのiPod 3683曲の中から選んだ10曲。

 

1曲目 サカナクション『夜の踊り子』

サカナクション / 夜の踊り子 - YouTube

 

f:id:kazu16ma:20170614231917j:image

 pvが全員和装なのがいいよね。全員百姓みたいな格好してる。

初見だとどこがサビかわからないから2回くらい聞いて欲しい。何が夏っぽいとか、そういうのはあんまり書かないし、感性で選んでるから。

 

2曲目 クリープハイプ 『手と手』

クリープハイプ - 手と手 - YouTube

 

f:id:kazu16ma:20170614233200j:image

 

これジャケットとアルバムの名前が最高だよね。あと、この曲は2015年の9月に振られた時に小田急で聞いて号泣した思い出の曲です。

”夜中の3時が朝になった時、君はきっと仕事を休むだろう”って歌詞とか、”君の他にはなんにもいらないよ”とかとにかくクリープハイプっぽい甘くてうるさい歌詞がとにかく好き。

 

3曲目 パスピエ 『フィーバー』

パスピエ 「フィーバー」 Music Video - YouTube

 

f:id:kazu16ma:20170614233625j:image

 

これ初めて聞いた時、絶対CD買う!って思ったよね。スピード感があってカックイイね〜。出だしのキーボードの感じといい、ドラムといいなんでこんなに煽られなきゃいけないんだよって思う。最初から最後まで絶対裏切らない曲。何杯でも飲みたいって感じ。ハイボール10杯飲んでも物足りないって感じ。

 

4曲目 JUDY AND MARY 『DAYDREAM』

f:id:kazu16ma:20170614234527j:image

 

なんか動画なかった。自転車とかくじらとか有名なのはあるんだけど、そういうのはいいからこれを聞いてくれ。出だしの”暑い真夏の空、アスファルト溶かし〜”っていうところだけで夏感があるのに、ギターのメロディが完全に疲弊した夏を表していてよき。高校の軽音の先輩が歌ってた。あと、YUKIって本当に顔変わらないよね。

 

5曲目 大森靖子と来来来チーム『ミッドナイト清純異性交遊』

大森靖子と来来来チーム 「ミッドナイト清純異性交遊」 - YouTube

 

f:id:kazu16ma:20170614235034j:image

 

大森靖子ピンのやつもあるけど、DANZENこっちの方が好き。”不評なエンディング、でも好きだから守ってあげる”って最高すぎるし、大森靖子道重さゆみに歌って欲しくて書いたっていうどっかでみたインタビュー内容も好きだったし、なんかもう、いろんな愛とか恋とかかわいいが詰まっていてワクワクする。”何を食べたとか街の匂いとか全部教えて ”って、いつか彼氏ができたら言ってみてえ!!言葉の一つです。

 

6曲目 くるり『街』

くるり 街(ROCK IN JAPAN FESTIVAL) - YouTube

 

f:id:kazu16ma:20170614235723j:image

 

くるりは絶対外せないなって思ってて、でもどれにしようか悩んだけど、やっぱり街が夕方を彷彿とさせていて汗ばんでいて好き。くるりは関西に来てからもっと好きになったバンドの一つ。京阪電車とか阪急とか、さすが岸田が住んでた街なだけあるなっていう感じです。声を枯らして歌いたい。こぉのぉ〜〜ってところね。

 

7曲目 cocco『強く儚い者たち』

強く儚い者たち Cocco - YouTube

 

f:id:kazu16ma:20170615000210j:image

 

ありきたりですね、って言われたらそれまでなんだけど、どう考えても夏に聞くしかないじゃん、これ。

”とびうおのアーチをくぐって〜”とか本当に好きだし、イントロと間奏のギターも恍惚とさせるというか、なんつうか、とてもいい。

夏はcoccoを聴きながら昼寝をするに限る。

 

8曲目 宇多田ヒカル 『Beautiful World』

Utada Hikaru「Beautiful World」 Directed by Tsurumaki Kazuya - YouTube

 

f:id:kazu16ma:20170615000634j:image

 

夏になったら、絶対エヴァンゲリヲンを見る!って 毎年決めてることの一つ。そしたらやっぱりこれは外せない。宇多田ヒカルの曲で夏って、道とか真夏の通り雨とか(単純に夏にアルバムが出たから、夏を連想してるだけ)なんだけど、これはエヴァという意味合いもあって選んだ。

 

9曲目 神聖かまってちゃん『23歳の夏休み』

神聖かまってちゃん - 23才の夏休み【English Subbed】 - YouTube

 

f:id:kazu16ma:20170615001434j:image

 

メンヘラ野郎の本領発揮みたいな感じしてきた。桑田佳祐がすげえ評価してたんだよ、これ。夏になったらなんとなく聞いてる。柏のスタジオでよく見てたけど、今もあそこ使ってんのかな。色々問題がある人たちだけど、おれは音楽は好きだよ。みんな死ねってアルバムが1番好き。

 

10曲目 昆虫キッズ『いつだって』

 昆虫キッズ【いつだって】2011/2/15 晴れたら空に豆まいて - YouTube

 

f:id:kazu16ma:20170615001942j:image

 

なんで解散しちゃったの〜っていうバンドの一つ。

ただただ、若くて青くて悲しくて勇気が出る。”渋谷の海で泳ぐ魚なんていない”髙橋翔歌上手いのか下手なのかわからないけどおれはすげえ好きだよ。

 

 

 10曲って意外と少ないね。詳しくは書かないけど、他には『鉄風、鋭くなって/ナンバーガール』、『真夜中遊園地/チャットモンチー』、『無い‼︎/ゆらゆら帝国』、『すごい速さ/andymori』なんかもいいよね。

 

早く夏にやってくれ。早くどうにかなりたい。

 

おとなの掟

f:id:kazu16ma:20170611220204j:image

 

6月の最初の週の休みに淡路島に遊びに行ってきた。
鳴門のうずしおを見たかったけど、タイミングなのか綺麗なものは見ることができなかった。
岸壁の淵で食べた生しらす丼は甘くて美味しかったし、玉ねぎバーガーもそこそこに美味しかった。
朝早くから家を出て、車で出かけて、いろんな写真を撮ったりして、真の休日感があった。
植物園で見た変な植物、薔薇の匂い、好きなものがまた少し増えて、元気が出た。
基本的に色々なものを愛して、好きなものを増やしがちだから、先に好きになったものが先に薄くなってしまう。けれど、薄くなったものもそれはそれで好き。氷が溶けて、水っぽくなったオレンジジュースなんて誰も好まないはずだけど、おれは結構好き。これと一緒。炭酸が抜けたサイダーも、湿気たせんべいも、冷えたケンタッキーも、結構好き。

f:id:kazu16ma:20170611220149j:image

 

 


何もかも疎ましいと思っていたはずなのに、世界は思ったよりバラ色だった。それに気がついたのが5月末から6月頭にかけて。
グレープフルーツを齧ったような恋愛ではないけれど、確実に少しずつ、この人のことをもっと知りたいし、もっと好きになりたいと思える人に出会えた。
例えばこの恋愛に音楽のジャンルを当てはめるとするのならば、どう考えてもこれは、クラシック音楽であり、ピアノとストリングスが流れるべきだと思う。
空間を切り裂いて現れたネイビーの空はどこまでも深い色をしていて、不安とワクワクが混ざっていた。
どこで何があるかなんてのは本当に誰にもわからないことだ。
この恋に何の意味もなかった、なんて思えたくない終わらせられるもんなら終わらせてみろよ、おれは恋をしても曲を書いてやる。仕事もちゃんとやってやる。
カルテットで満島ひかりが言っていた言葉を頭の中で何回も再生した。

”人を好きになることって、絶対裏切らないから”

”人を好きになるって、勝手にこぼれるものでしょ?こぼれたものが嘘なわけないよ”

”好きになった時、人って過去から前に進む”

ブスで頭が悪くて不器用でついてなくて病気がちでせっかちでもそれでも好きな人と一緒にいたいと思う資格はあるはずだ。
もう泣くのはやめて、前に進もう。

おいでよ

5/19
大学の研究室の同期が就活をしに大阪に来ていたので、梅田で炉端焼きを食べた。
友達の話、研究の話、先生の話。何もかもが懐かしくて愛おしい。思い出はいつだって煌めいている。
千葉から神奈川の果てまで自分が4年間通っていたことを今でもたまに思い出す。その4年間に本当に意味があったのかと聞かれると難しいけど、確実に今の自分を作る基盤になったのは事実だと思う。サークルでギターを投げたことや、ガスバーナーで窓ガラスを燃やしたこと、今はもう会えない友達のこと。研究室で食べたピザと寿司。今思えば何もかもに自由が潜んでいたし、楽しかった。あの4年間の間に何回雨が降って、何回髪の毛を切って、何回ステージに立ったのかなんて覚えてないけれど、大事にしたい人が増えたことはちゃんと覚えているよ。

5/20
梅田でTHE NOVEMBERSを見た。
前から4列目くらいのところで、突っ立って、彼らが出てくるのを待ってる時、耳死ぬなって思ったけど、始まってみたら、思ったよりうるさくなくてちゃんと歌も聞こえてきた。
一曲目の『美しい日』のイントロが始まった瞬間、もう会社とか恋愛とかいろんなことがどうでもよくなって、このまま、今この空間に閉じ込めて欲しいと、心から願った。

最後の方におれが好きな『こわれる』を演奏してくれて、2年ぶりくらいにライブハウスで暴れまくった。
挙句、軽いぎっくり腰になり1週間近くはトボトボと歩いて外回りをした。

5/23〜5/30
携帯電話をiPhone SEに変えた。突拍子も無い季節に携帯を変えたので6万ほど金がとられた。あと、ベースを買って、5万くらい使った。
この時何に悩んでいて、何に悲しくなっていたのかは思い出せない。ただ、ひたすらにめまいが来そうで怖いということだけが心の中にあった。楽しいことを探す為にテレビを見ていたら、アリスサラオットというピアニストが出ていた。彼女の生き方や発言に共感したりした。毎日会社と家を往復しているだけの中で娯楽を見つけるのは本当に難しい。筋トレもギターもベースも読書も映画を見るのもゲームをするのも大事な娯楽だけど、会いたい人を見つけることも大事な娯楽の一つだとおれは思う。心が弱っていたのか考えることに疲れたのかわからないけど、この何日間のどこかで河川敷でちんこをしゃぶったり、しゃぶられたりした。醜くて雑で温もりがないペッティング。思いやりの圏外でしたキス。風が濡れた箇所に触れるだけで気持ちが悪かった。日常の中に非日常を求めているわけではないけれど、確実にドラマが増えていく。おれは単純に友達が欲しいだけなのに、いつでも傷ついたり傷つけたりする。早くドラマの最終回がきて、今の役を辞め、電波の圏外で暮らしたい。

人間仮免中

・最近読んだもの
窪美澄の『よるのふくらみ』を読んだ。『ふがいない僕は空を見た』で有名な著者。読んでいて心がきつくなるシーンが何回かあった。人と関わり合うこと、人を愛することというのを女性目線で淡々と伝えてくる。けれど、展開の流れが穏やかなので安心して読み進めることができたし、片手間でも十分内容が頭に入ってきた。
窪美澄は食事のシーンが多いので、今後もどこかでドラマ化や映画化してほしい。個人的に、食事を描くのがうまいと思う。文章に喉越しを感じる。

喉越しといえば、山階基の『湯舟泥舟』を読了。こちらは短歌。読むのに少し時間がかかった。というか読み終わるのが勿体無かった。言葉が目から入ってきて、脳内に風景を連想させるのが実に巧みだった。温度や色を言葉で伝えてくるけど、暴力ではなくそよ風のように優しくて暖かい。誰かに手を握られているようで、握られていない気分だった。
読み終わった後、しばらく動くことができなかった。おれは、記憶の中の夏の風景に閉じ込められた。

卯月妙子の『人間仮免中』柏のブックオフで100円で売っていたので購入。
今更ながら読んだけど、内容が中盤からかなりきつくてしんどかった。
心に病気がある人と向き合っていくことはすごく難しい。ボビーの卯月さんに対する絶対的な愛や安心感がじわじわと伝わってくる。何度もいろんな壁を乗り越えて、ボロボロになっても生きていれば幸せじゃん!っていう姿勢がとてつもなく尊く、美しかった。
人間仮免中 つづき』はメルカリで購入したので、そろそろ届く頃。

始発

どうして世の中の男はつまんない男が多いのか。仕事に情熱を持ってない奴が多いのか。最近そういったことばかり考えている。若いからまだ大丈夫だよ、いろんな人と会っていろんなことしたらいいよって、てめえおれより先に生まれて生きてるからって何おれの人生わかったみたいな口で言ってんじゃボケ。てめえの人生をおれの人生にかぶせるな、ふざけんな。

そうやって、いつだって強気になって、躍起になって空に向かって暴言を吐いてる。鼓舞することで自分を保ち、他人に対して優しくなれるなら、まだマシだと思う。
誰かから相談を受けたりして、自分の考えを話すのは簡単なように見えて難しい。魅了があるね、落ち着いてるね、若いのによく考えてるねとかなんとか言われる度に、この人今まで何を見て、何を感じて、それから何を考えて生きてきたのかなと思う。その場しのぎで会話するのは誰だってできるだろ。おれたちは言葉でしか相手のことを理解することをできない悲しい生き物だから。
言葉以外にはまぐわうことでしか相手を知る術を知らない。けれども、残念ながらまぐわうことは自傷行為に匹敵し、そこまでして相手を知るのは実に体力を使い、そして疲れて、癒しを求め、けれども癒しという感覚は肌を介することでしか理解できないと思っている人が大半であり、さらなる自傷行為につながる。
その人が使っているボディソープ、柔軟剤の香りは、常にプラットホームの向こう側へと歩を進める努力をしている。匂いや感覚は無意識の範疇ではあるが、人にとっては意識内に存在して、そしてそれは絶対的な力を持っている。だけど、みんなはそんなことを考えてもいないし、考えようともしない。1日は三食であることに疑問を持つ人はいるのか、もっと言えば食事をすることに疑問を持つ人はいるのか。
3食の食事はルールに似ていて、生まれた時に教わっている。食事をすることは本能であり、これも生まれた時から教え込まれている。
だから、誰1人として、疑問に思わない。それは、悲しみというものを疑うこと、悲しみというものを理解することをしないのと同義だ。

ここ数ヶ月、ずっと悲しみから逃れようとしていた。悲しみに対して何も思わないようにして過ごしてきた。‪振り返ったところに、すぐ悲しみがいるなんてのはわかっていた。‬
いつも悲しくならないために、振り返らないように前に進もうとしていた。いろんなことを頭に詰め込んで、周りを雑音で覆って、常に前しか見ないようにした。
言葉の配列や力が自分を傷つけるなんて、考えればわかることだった。
それでも、振り返った時の悲しみと向き合うよりは全然楽だった。
いつかの夜に間違ってブルーベリー味のタバコを買ったのも、それを全部しばけなくて捨てたのも、今はいい思い出だった。好いてくれる人を好きになることができないこと。その人となんとなく連絡を取り合わなくなったこと、それは全部選択肢と価値観の問題なのかもしれない。
おれがここに書いてあることは、悔しいけれど全てはララランドでも描かれていることだ。
けれど、ララランドをそこまで婉曲して見ている人なんてのは、この世には少ないのは確かなことで、それは不思議でもなくて、普通のことだった。
普通になれない自分が地上から3ミリほど浮いて過ごしているのは、普通になろうと努力をしている必死さが目に見えて醜い行為であった。
機会を伺っては、巣に戻り、涙を拭いては、稼ぐために満員電車に揺られるのはどう考えても普通の人と似ていた。心が焼け野原だということを除いて。


‪”おれたぶん、あなたが、思ってるような人じゃないと思うよ。おれたぶん、あなたのこと好きにならないと思うよ”‬


こういうことは誰かと出会うたびに感じることの一つだ。
少し前までは好きな人を見つけて、付き合って、一緒に住むことが最終形だと思っていた。けど、どうやらそうではないらしい。
好きな人と一緒にいることを求めるというより、同じように悲しみから逃れるための術を探している人と、単純にレジスタンスを組みたいだけなのかもしれない。

振り返らないように、逃げるようにして、今日も今日とてノイズの海に溺れていたい。

フェアリーテイル

4/23
前日の晩に思い立って、友達と2人で嵐山に行くことに。

春の嵐山は観光客が多くて、まっすぐ歩けなかった。人力車を押す、お兄さん達を品定めしながら竹林を歩き、祇王寺で苔を見た。どんなものでも金にしてしまう京都という街を感じた。いつものように古びた、ババアが1人でやってるような喫茶店で暖かい日を浴びながら、ミートソースのスパゲティを食べた。

f:id:kazu16ma:20170426213114j:image
春といっても太陽が照っていると体が火照る。首筋に流れた汗を、春の風が優しく触れた。京都の山々を見渡すことができる寺で炭酸のジュースを飲んだ。

夜は河原町を散策した。
鴨川を歩きながら、今夜はブギーバックを口ずさんだ。
立ち飲み屋で食べたホワイトアスパラとトマトのサラダは美味しかった。

ここんところ、恋愛をする気が一切おきないし、仕事もつまらなかったから自然に触れたり、美味しいものを食べたりして落ち着いた。

ずっと胃が荒れてるような気がしてて、胃薬は欠かさず飲んでいた。薬に頼りすぎるのは禁物だが、酒に頼るのもよくないと思う。
酒を毎日煽るのは、寂しさや悲しさから逃げる為だった。酒をたらふく飲めば、いろんなことがどうでもよくなる。いろんなことを考えなくて済む。そうしていたら、何故だかいろんなことを忘れるようになった。記憶力が衰えている気がする。少し前のこと、やろうとしてたことが思い出せないことが多いから、デスクが付箋だらけになった。紙で埋もれた仕事場では、何をしたいのかも、何をしているのかもわからなくなった。とにかくどうでもよくて、誰にも会いたくなかったし、誰にも触られたくなかった。誰にも触られたくないくせに、なんだかんだで人と眠る。相手が満足すれば自分のことを諦めたり、飽きたりしてくれると思った。自分に自信はないけれど、それでも言い寄ってくる人はいる。その人のお腹を満たすには寝るのが手っ取り早いし、わかりやすい。
好きでもない人、恋人候補の人とベッドで眠るたびに、その人が使っている柔軟剤の匂いが香り、その人が部屋から出ていった後もその匂いはしばらくそこに居座っていた。その人がまだ部屋にいるみたいな気がして、気持ちが悪かった。

f:id:kazu16ma:20170426213135j:image

4/25
会社で初めて発表をした。今年度の決意表明だった。終わった後で、東京の人間がおれの発表を酷評していたことを聞いた。頑張ったのにな、つらいな、とは思わず、年寄りは誰かをいじめていないと気が済まないのはどこに行っても同じなのだと知らされた。同時に誰かが自分を傷つけてくれることに安心したし、これからも傷つけてくださいと思う。どうせ、てめえら先に死ぬくせによ。

夜は課の飲み会だった。
2軒目で飲みすぎて、記憶を失くしてしまった。会社ではすぐ女の子とやっちゃう、音楽と酒が好きな暴れん坊というキャラクターで過ごしているから、このくらいが丁度いいのかもしれない。
帰宅したら、ベランダが何者かによって荒らされていた。茶色い液体で汚されたベランダが誰の手によってそうなったのかはわからなかった。酔って帰ったのに、怯えながら、眠りについた。
起きたら、プリンの生どら焼きの袋が落っこちていたので、どうやら泥酔して食べたらしいが、一切覚えていない。

 

f:id:kazu16ma:20170426213157j:image