届け!SNS!

酒と音楽が好きなゲイのブログ

湿った夏の始まり

夢の中で問われている。本当の幸せとか愛とかについて。いつも答えられないまま夢は終わるけど、起きた時にきっと真面目なおれはなんとなくそこらへんの言葉を拾ってそれとなく模範解答に近い回答をするだろうと思う。もちろん誰かを理不尽に傷つけながら。案の定無意識に。
自分がなんの病気なのかは忘れたけど、東京に来てから病院に行くのをやめたし、薬もやめた。1日が早くすぎるような感覚が続いていて、1人だけ1週間先の世界を生きている気がした。実際は2.3日の間のことがとっくの昔に感じられる。そんなに生き急いでどこに行きたいのかもわからないまま、走り続けるだけの毎日が続いていた。休むことなく。本当の幸せとか愛とかについて考えれば考えるほどバカらしくなって、文壇を遠ざけるようになった。目の前にある酒やタバコを追いかけて、手が届く範囲の小さな罪を犯している。最近のことのように感じられることだけど、きっと過去からそういうことをし続けている。自分の中にもう1人の自分がいて、実際の存在するところの自分は見ないようにしているだけなんだと客観的に、ある時気がついたけど、その頃にはもう遅くて、おれの心は真っ黒だった。汚れてしまったものを何度も洗おうとしたけど手遅れで、全然綺麗にならないソウルジェムは関わっていても時間を浪費するだけなので、走り続けるだけの毎日のどこかにそっと置いてきて、今は遠い遠い道のりの途中にある。もう取りに行くことはできない。すなわち空っぽになった傀儡のようなおれは疲れも忘れてひたすら前だけを見ていた。心の中に降っていた雨や長いトンネルは今はなくて、まっさらな更地、砂漠のような場所、炎天下を汗も流さずに直向きに走り続けている。何も感じなくなった世界ではアルコールで出来た川が流れていた。その川で顔を洗い、喉を潤し、また走り続けるのだ。
幾度となく訪れる、こんなことをしていてごめんなさいという感情。お母さんごめんなさいという気持ちはあまりにも数が多すぎて謝りきれなくなってしまった。それまではそこいらに散らばっていた言葉の破片も在庫が尽きてしまったようで、砂をすくい取るような感覚が目の前を通り過ぎた。言葉が溢れてたまらないから書いていたブログも言葉が溢れなくなった今は枯渇したキャンバスで何も描くことはできなくて、ただのインターネットの一部になっていた。誰かが覗くことを実は望んでいたし、誰かに何かを言ってもらえることを待っていたことを改めて気づくが、それも数分、数秒のことで、その時が経ってしまえば手の届く範囲のことしかできなくて笑えるし、情けないとも思う。どんなに喚いてのたうち回ってもこの場を離れることがなければ、誰かが助けていてくれていたけれど、本当の本当の自分は誰にもわからないことだし、自分で解決するしかないわけで、でもそんな気力もないからアルコールの川で水浴びをしたりして見て見ぬ振りをする演技を延々と繰り返して今日になる。素知らぬ顔で健全な毎日を演じているが犯した事実は決して消えることはない。誰かが見ているし、巻き込まれた人たちはきっと一生忘れない。輝かしいことだけをInstagramに刻んでいても、実際のところソウルジェムは真っ黒だったし、心は遠くに置いてきてしまった以上救いようがない。エニエスロビーでCP9がニコロビンに接触した時のように、どこかで今の現実が終わる時がくる。そうなった時に体を張って助けにきてくれる人がいるのかどうかはわからない。脳はとうに溶けているから。2018年25歳になる年の湿った夏の始まりは、今日この瞬間、開幕された。

東京

今、この瞬間、一瞬一瞬を切り取っていると世界があまりにも鮮やかで目を開けていられない。目を瞑ると脳の中で魚が泳いでいたり、腕を沢山の槍で突き刺される映像が見える。怖いとか気持ち悪いとかじゃなくて、単純に自分の本体が別の場所で息をしているのではないかと錯覚を起こす。事実、毎日は平行線を辿っているようだった。全て、自分の人生であることに変わりはないはずなのに。どうしてだろうか、シナリオ通りにいかない世界に腹を立てている自分がいるのに後ろを振り返ると屈服している自分がいた。お腹を壊してずっと動くことができないような日々を歩きながら、いつかこの腹の痛みが取れる日を待ちわびている。気がついたときには目の前は真っ赤な海で覆われていた。ここには誰もいない。誰もこれない。そうして生まれた愚痴や嘘で塗り固められた虚像が今のわたしを形成してやまない。心の中で降る雨をどうしたら止めることができるのかという妄想をしている。シャーペンの芯を出すだけで1日は終わってしまう。いつになればこの妄想から救い出してくれる。現世は罪。篩にかけて下に落っこちるのがおれだ。もうわからないという感想に尽きる生活で、全てに対して飽き飽きしているのかもしれない。他人には普通に生きていることに違和感を感じさせてしまう。そもそも普通って何。明日が来るのが怖いなら、明日を殺してしまおうね。もうここでは得られるものが何もない。それが東京だった。

水鏡

4月に異動をして、一気に心がバグった。酒があまり美味しいと感じなくなった。また始まったのかと思う疲弊を愛する日々にあたかも自分が被害者のような面をして毎日本社に向かっている。満員電車も40分電車を乗ることも初めてで、それだけでなんだか疲れてしまっていた。何の気もなしに水曜会社を休んでしまったのはおれが悪いんじゃないって必死に否定して、社会のせいにした。部屋で1人でいると頭がおかしくなるのは前からのことで、何かを買うか何かを捨てるかしていないと気分が優れない。会社からもらった謎の巨大なお菓子を捨てると甘い匂いがした。たった一本のタバコを吸うだけの時間がどこにもなくて、今日も喫煙所を探している。部屋でタバコを吸っていると苦情が入るから、プルームテックを明日見に行こうと思う。

もうずっと同じことを繰り返していて、誰かに愛されたくて、誰かを愛したくて寂しい毎日だけが過ぎ去って行く。誰かを理解することが苦手でどうしようもない。付き合うということが不得意なんだと思う。酒を飲んでその辺の男とするセックスはただただ虚しくて、悲しくて、現実が槍になって体に突き刺さる。手首を切ることをすれば明日が虹色に輝くのかな、なーんて馬鹿馬鹿しい。自称行為はアナルセックスだけで充分だ。

文章を書くことはおれにとっては苦痛でしかなかった。いつでも吐き出せる場所ってことはない。自分をすり減らしてものを書いている。この体がちぎれてしまう前にどこかに残しておきたいと強く思う、ただのオナニーと一緒だった。感じたことや考えたことが消えてしまうのがとてつもなく怖かった。どうして24年も生きているのに自分に残ってるのは数少ない思い出ばかりなんだろうと思う。付き合った人の顔、どんどん忘れて行くんだろうと思う。あの時確かにあの人のことを好きだったはずなのに、その記憶がどんどん薄れていくのが怖い。なんて自己満足でわがままなんだろうとおもうけど、それでも怖いのは自分が大切だからなんだよ。自分を大切にしたい。大事にしたい。いろんなどうでもいいこと、つらいことから守りたいだけなんだよ、おれは。

そして始まった東京での生活。絶対に今度こそ幸せになってやる。

道程

這い上がる水は金色の、今までのそれとは全く別の色を模していた。
おれたちの永遠、おれたちの一瞬。一緒にしてきたことはすぐにパァになったもんだから、笑えてくる。
今までも経験してきたこと、わかっていたこと。1人で勝手に盛り上がって鎮火する。1人で家にいると頭がおかしくなりそうだから、なるべく外に出るよう努力をする。人、すれ違う人、友達、人人人。誰かを求めているのが見え見えで、全くもって美しくない。汚い感情と汚い容姿だけが跡になる。鏡の中にいたのは肌荒れをした、クマがある少し太った目が死んだ男で、毎朝その顔を覗くたびに全てを壊したくてたまらなくなる。
毎日必死に生きようと努力をする。仕事も恋愛も。両方とも頑張ろうとするなんて無理なのかもしれないと何度も嘆く。諦めることはいつだって簡単なのはとっくの昔に知っている。いつまでたっても手に入らない本当に本当に欲しいものは手を伸ばせば伸ばすほどに遠のく。怖くてたまらないけど、壊れる瞬間を愛しているのも事実だ。誰だって自分の人生で自分が主人公のはずなのに、目の前に悪役が多すぎて一振りの正義じゃ何も救えない。自分のことも救えないのに、誰かを救うなんて、誰かを愛そうなんて、絵空事なのかもしれないね。今まではそれでもいいや、自分は自分だしって、思いを重ねて、その度に過去は振り返らないようにしてたけど、もう今年25だし、そろそろ過去を振り返って勉強しないといけない時が来たのかもしれない。誰かを振り回すこと、誰かに振り回されること、そんなことが起きるたびに疲れているのかもしれないね、でもそれが楽しいんだろうね、どうして、おれはこんなに頭が悪いのかって思うと笑うこともできない。前に進もうとするのは簡単かもしれないけど、誰かを愛していたという記憶は確かに”そこ”にあったんだよね。もうわかるよね?

 

f:id:kazu16ma:20180322225509j:image

 

ゲイと東京

池袋の季節は冬、色は灰色。出口を選ばなければ誰かに左手を引っ張られて、気がついたら風俗街にいる。そんな街で、どこにでもあるような恋愛をしていたのは22歳の頃。過去を思い出すことはとても憂鬱になる。最初にも最後にも生きてきて、おれが22歳の温度を保っていたのはあの1年間しかないから。残念だけど、切り捨てたくても切り捨てられない。泣いて忘れて喚いてそれで終わりならいいけれど、今でもたまに脳の裏から出てくる背が低くて肌が汚い元彼氏の残像はどうしようもなく22歳のおれが犯した過失で、透明でも水色でも赤色でもなく、灰色のあの空と、池袋にある男2人が寝そべることが裕にできるネットカフェ。2人で住む家を決めようと探していた時間から数分後にはそこいらでおれたちはセックスをする。不意に君が東京タワーを見に行こうと言ったので見に言った12月24日のことをカメラロールに残ってある写真で思い出す。これは事件でも自慢でもなんでもなく、ただ毎日が消費されていた記録という事実だった。

下北沢の夜は金色。駅がまだ新しくなってからそんなに経っていないころ、駅のホームでベンチに座り、激しくゲロを吐いたことを思い出す。ライブハウスのブッキングの人はおれのギターにどうやら不満があるらしく、やたらと長い清算の時間を取る。それが嫌でたまらなくて、いつも下唇を噛むんだ、おれは。ビレッジバンガードの小さな道をギターを背負ったおれは肩をすぼめてなんとか横切ることができる。今大地震がきたら、この場でギターと死ぬんだと思うと、それはとても愉快で、なんだか心があったかくなった。いつか死ぬときがきたら、その時はギターと一緒がいい。東京にいるから、地震なんてものに今日も怯えて、残高はいつも240円とかで、2000円+1Dとかの安いライブハウスで友達のライブを見る。帰りに服が臭くなるのはタバコのせい。

そういえば、忘れていたのが新宿のこと。誰しもが特別な街と揶揄するもんだから、語るに語れない。ただ、唯一言えるとすればそこは泥水すすって生きてる連中のたまり場で、優しい大人は1人もいなかった。眠らない街、たのめーるのネオンが輝く西の方、ハル東京の米粒みたいな変な建物、歌舞伎町の門の電球が何個かいつも消えかけていて、誰がいつ、この街でその電球を替えているのだろうと疑問に思う。2丁目なんて怖くて行けなかった。だって、自分をゲイと認めるために、誰かに愛されるために通わないと行けないと思っていたから。お金がなくて、サイゼリヤでマグナム1.5mlの白ワインを2人で飲んだ帰りにiPhoneを落として、画面を割ったね。花園神社でキスをしたね、新宿御苑でお弁当食べたね、春の空も夏の熱気も秋の寂しさも冬の轟音も全てが詰まって、全てが汚くて、全てにおいて最悪最低な街新宿は群青色。ゲリラ豪雨でも降ってくれれば、そいつは結構。東京事変と一緒に飲み干せるよね。今ならさ。

きみの気持ち教えて

回帰する明暗に。淵の灯も知らないまま。何食わぬ顔をして街を歩いていた。目につく眼鏡をかけた低身長の男はあの人を彷彿とさせている。苦しみも悲しみも大好きも全部そこに詰まっていて、どうしようもなかった。愛するだけでは報われなかった全てを闇鍋みたいにして食べることができたら、どんなに楽だったろうか。冬の空は灰色でどんどん視界を奪っていく。真っ先に足元が見えなくなる。どこにいるのかわからなくなる。ただ、なんとなく街を歩けば、あの人に会える気がした。その行為が正しいのかどうかなんて聞かないでね。なんとなく入ったドトールでコーヒーを飲む。会社の帰りに王将でご飯を食べる。天津飯を見るたびに思い出す背中や影。ああ、そうか、本当に好きだったんだ、そういう感情だけが蛇口から溢れて、水たまりになる。美しくもなくて、むしろ汚い日々だけが消費されていた。そんなところから救い出してくれたのは思いもよらない人で、嬉しくて悲しくて涙が出た。今朝の朝日も昨日の夕日も直視できない。大好きとか愛してるとか簡単な言葉で整理できないから、キスだけをしてほしい。いってきます、いってらっしゃいができる関係。ジャングルの奥底で出会えた奇跡。いつでも会いにきてくれる人。唯一、おれを正しい方向に進めてくれる人、そんな人に出会えたことはおれの人生でも分岐点だったのかもしれない。この人があの苦しみから助けてくれたから、だから、おれも精一杯の言葉で伝えたい。精一杯の力で伝えたい。

喧嘩上等

黄河は歩く。淵の灯を知らないまま。おれはいつのまにか知らない場所に来てしまっていた。死ぬことも生きることも忘れたまま。
先日、セフレとはさよならしました。もうこれでおしまい。手に入らないものを追いかけるのはやめた。あからさまに目の前にない光。いつまでたっても明るくならない光を追い続ける日々を送るのはやめた。目に見えにくい幸福。わかりきっているようでわからない幸福。恋人としかセックスしないという約束。全ては自信を取り戻す為の行為で全ては今を喪失する行為だった。過去に、毎日1mmずつどこかが壊れていくと言ったことがある。現実はまさにその通りだった。何も考えてない人が8割過多の世界では、全ては幻想だった。おれは2割の人間で、何かを考えていないと気が済まなかった。明日のことも明後日のことも。昨日のことも一昨日のことも。なぜ?そんなのどうだっていいよ。そういう人なんだから。考えることは青天井で、何もかもを除いた全てを肯定化する努力をする。世間のノイズはそのくらいでいいのかもしれない。渋谷、新宿、池袋。わかる限りの街の仕組みを思い出すために尽力している。人生は夢だらけ、そんなことを椎名林檎が歌うもんだから挙動不審になるのも類い稀ない。今まさに、その瞬間を生きているという幻想が目の前に転がるのなら、それに乗っかるのもまた正しいのかもしれない。やっつけ仕事でやってのけたキスもセックスも全てクリスマスムードの渦に掻き消してしまえばいいのだ。だっておれたちは人生の主人公だから。いいか。おれたちは主人公なんだ。一人一人が。絶対的に。だから何をしてもいい。何をやったっていい。周りはそれに付いてくるから。家族も友達も恋人も一緒くたにして考えよう。仕事のことは忘れよう。仕事とプライベートは一緒に考えちゃいけないんだ。だって、一緒に考えたらどれかを選択しなくてはならないから。けれどもおれたちは全てを一緒に考えてしまうようにできている。だってバカだから。あーあ、残念だなあ。もう会えないと思うと少し寂しい気もするなあ。でもそれでいいんだよね、それでよかったんだよね。そう思わないと自分がぐちゃぐちゃになっちゃうじゃん。